どんな病気に用いられるか

遺伝子治療というと「最先端の治療となるだろうから、様々な治療が出来るのだろう」と思っている方が多いと思います。
しかし、まだ遺伝子治療は進化している途中となっていますから、全ての治療に用いられるわけではありません。
現在では、ごく一部の治療に用いられている治療方法となっています。

遺伝子治療は癌の治療や高血圧の治療、糖尿病の治療など、一部の病気にしか用いられていません。
これらの病気を抱えている全ての患者さんに対応しているわけではなく、状態によって用いられるかどうか判断されることになります。
今後更に遺伝子治療が進めば、幅広い範囲で用いられる可能性はありますが、現在ではごく一部に用いられている治療方法となります。
現時点で、遺伝子治療を用いているのは、遺伝子の欠損が原因となっている場合などのみです。
また、アルツハイマーやパーキンソン病といった神経変性疾患などにも遺伝子治療を用いることが考えられており、今後の治療に期待が持たれています。
日本では、1995年から重症複合型免疫不全症の子供などへの治療が始められています。
肺癌や腎臓がんなどの治療を進めており、今後徐々に遺伝子治療が取り入れられる可能性があるでしょう。

このように、遺伝子治療は様々な病気治療に用いられることになります。
更に遺伝子治療が進められれば、他の病気治療にも用いられる可能性も出てくるでしょう。
医療が進化すれば、それだけ様々な病気を治せる可能性が増えることになりますから、今後の遺伝子治療に期待したいものですね。
病気の治療範囲が増えれば、それだけ長生きする可能性が高められますから、私たちにとって嬉しい結果が待っているでしょう。

  • Recent Posts