遺伝子治療の副作用

病気を持っている方の多くは、新たな治療方法に期待していると思います。
その中には、「遺伝子治療に期待をしている」という方もいると思います。
遺伝子治療を行うことで今まで無理だと思っていた治療も可能となりますから、「遺伝子治療が出来れば病気が治せるかもしれない」と思っている方もいるでしょう。
しかし、治療となると「副作用はあるのだろうか?」と心配になってしまうものですよね。

みなさんもご存知の通り、遺伝子治療というのはまだまだ発展途上の治療方法となっており、実例が少ないのが現状です。
そのため、まだまだ分からないことが多い治療方法でもあります。
しかし、今までの遺伝子治療の中では、副作用による影響というのは考えにくいと言われています。
過去に遺伝子治療による死亡例はありますが、これらはウイルスによるものが原因と考えられており、あくまでも不適切な医療行為が死亡に至った原因と考えられています。
ということは、遺伝子治療自体が死亡の原因ではないということになります。
適切な医療行為により遺伝子治療が行われれば、死亡に至ることはないと言えるでしょう。
しかし、まだ歴史の浅い治療方法でもありますから、今後どのように治療を行っていけば、安全性を高めることが出来るのかなども、研究していくことが必要となります。

新しい治療方法というのは期待が大きい治療方法でもありますが、その分安全性についても確立されていないため問題が残る治療方法でもあります。
これから、更に治療方法が確立されていけば、こういった不安なども無くなってくるでしょう。

  • Recent Posts